金買取の税金問題をクリア

金買取に対して、税金の問題がわからないという人たちがかなり多くいらっしゃるようです。

金買取して税金なんてかからないと思っている人が結構多いようですが、実際に反対です。

であれば果たしてどの程度私達のもとにお金が残るのでしょうか。

金買取で注意しなければならない税金

現在、金買取をして利益を得ることが出来れば、 所得の発生となり売却価格が30万円以上になると、「税金」を支払う義務が出てくることになります。

非常に理不尽という感じもありますが、ただし支払いしないでいいケースも存在しています。

譲渡所得 雑所得 事業所得 と言ったものが所得の種類です。譲渡所得は金買取をしてもらい得た金額のことを言います。

金買取の30万円以下は非課税とすることが出来ます。しかし、単に、買取価格が、そのまま譲渡所得ということではありません。

そもそも、譲渡所得は売却額-(新品購入時の金額+購入と売却時の経費)-特別控除 という計算式であらわすことが出来ます。

特別控除というのは、譲渡所得に対し年間50万円の控除額が決まっています。この計算式に実際にあてはめるとマイナスになる場合はあります。

課税対象は、譲渡所得が30万円以上の場合だということは変わらないので、マイナスになってしまえば私達は税金を支払いする必要はありません。

金買取する前に新品購入時の額もしっかりチェックする必要があり、新品購入時を超えてしまうような高値にならない限りは、金買取してもらっても税金の支払いは必要がありません。

確定申告するにあたり

金買取で儲けを出すことが出来たら、確定申告も必要になって来ます。

確定申告するにあたり、 譲渡所得として所得税の課税を受けることになり、 事業として売買を行っている場合には事業所得に。

事業としてではないけど、営利目的として継続的に売買を行っている場合には、雑所得に該当させることが出来ます。

雑所得では、譲渡所得のような複雑な計算方法はなく、特別控除はありません。ただし、仕入れ値、または手数料などの経費はマイナスにすることが出来ます。

事業所得においても、 雑所得と基本計算方法は同じですが、 経費のカテゴリーに対しての違いが出てくるでしょう。

事業者としての届けになるので、オフィスや機器なども経費のひとつとして所得計算からマイナスにして申告することが出来ます。

いかがでしょうか。金買取してもらうということは実際にこのようなことまで考えて行動しなければならないことなのです。

金買取 税金の問題は大丈夫?

金買取をしてもらって思わず大金をゲットしてほくほくしている方々もいらっしゃることでしょう。しかし、そんなに簡単にウキウキ気分になっていて、あとあと後悔しないのでしょうか。

みなさんは、そのとき税金対策についてもしっかり考えていらっしゃるでしょうか。

そもそも税金って支払いしなければならないものなの?

いろいろ金買取に対してわからないことってあるのではないでしょうか。なぜなら金買取の体験をほとんどの人たちがそれほどしている訳ではありませんよね。素人のような人たちが金買取に対していろいろ疑問を持つのは極々自然なことです。

私の大事にしている金を買取してもらって、なんで税金を支払いしなければならないのか……という思いもあるでしょう。

ただし、金は、実物資産の一つであり、資産運営のために大量に金の買取を繰り返したりする人たちもいます。そのような人たちには、税金がかかるような感じがしませんか?

そのような人たちと、別になんら変わらないとすれば、私達も金買取してもらったら税金と向きあう必要があるのではないでしょうか。

金を売るときにかかる税金とは

結論は残念ながら金買取をしてもらったら税金が発生してしまうということです。

一般的な会社員が金を買取してもらった場合、所得は譲渡所得となり課税の対象です。

営利目的で金を売買しているというのなら、事業所得となり総合課税の対象です。

譲渡所得の2パターン

この譲渡所得に対しても2パターンあるので、確認してください。購入してから5年以内に金買取……という場合は、【売却価格ー(売却費用+所得価格)-特別控除50万円=課税譲渡所得金額】という計算式に従います。

更に、購入して5年経過して買取という場合には、【売却価格ー(売却費用+所得価格+特別控除50万円)×1/2=課税譲渡所得金額】となります。

結局は5年過ぎて買取してもらったほうが、課税譲渡所得金額ではかなりお得な面が出てきます。

確定申告をしなければならない

金買取をして利益を出すことが出来れば、確定申告の問題も出てくるでしょう。ひょっとしてバレないから大丈夫……と思っているかもしれないですよね。

しかし、油断は禁物、追徴課税を課せられてしまうケースも過去ありました。

金買取して損失が出てしまったということもあるかもしれませんが、そのような場合は、譲渡所得、雑所得同士をまとめて損益通算することができます。

いかがでしょうか。金買取において、税金に対しての認識もとても大事なことです。

金買取 価格決定のされかたを学ぶ

金を買取して欲しいと思えば、買取価格に相当な違いが出てきたりします。

そもそも金の買取価格はどのように決められているのでしょうか。

金の相場

金の買取価格は相場に反映すると言っていいでしょう。金の相場は、世界のいたるところ政治や経済の状況によって変動していきます。
金に対しての需要によっても変動します。

アメリカのニューヨーク、イギリスのロンドン、スイスのチューリッヒ、中国の香港は、得に金における4大市場とも言われています。その中でもロンドンで決定された相場は大きな影響を与えることに。そのような意味では金にとって世界一の市場とも言われています。

日本の場合は、東京工業品取引所において金の取引がされています。

実際に、株式と言った紙の資産では、それ自体に価値がそなわっているということではありませんが、金は、株式と言ったものとは全然違い、相場か絶えず変動するものの、実質資産ゆえ価値がゼロになることはありません。

そのようなことからも、金買取価値にかなり期待している人たちも多いのではないでしょうか。

計算には、トロイオンスという単位が使用されています(1トロイオンスは31.1035グラム)

金の1gあたりの価格の算出計算は、(1トロイオンスあたりの価格)× 31.1035 × (ドル円為替相場)+諸経費です。

これに対して、消費税がプラスαかかってくることになります。

金の純度

金買取で高い価格がつくのにはやっぱり金の純度が大事なポイント
となり、純金のほうがより期待値は大きいでしょう。

見た目純金のようでありそうでなかった……と言うことも実際にあるかもしれません。

相場というものが金買取には存在しているものの、相場は、嘘をつかない価格ともいうことが出来ます。金買取業者は、18金に対して純金価格をつけることは絶対にありません。

ブランド価格はどう評価されるのか……

金買取において、高級ブランドや有名な芸術家の作品だった場合、破損がなくキレイで状態のいいモノに対しては、金の質量以上の買取価格が期待出来ることもあります。

ただし、おおかたブランドの金買取の場合、流行の人気商品なら、高く買取してもらうことが出来るでしょうけど、人気がないのものなら安い買取価格になってしまうこともあります。

いかがでしょうか。金買取をするとき、高額買取をしてもらうためのお店選びも大事なポイントになります。更にしっかりリサーチが大事です。

金の買取価値を知りたい

金を買取して欲しいと思っている人たちにとって、金の価格がそもそもどのようにして決定されるのか非常に関心あることではないでしょうか。

ここでは、そもそもの金買取の価格の決まり方を解説します。

金の相場

金の買取価格の決定事項として、相場は大事なポイントです。

相場・相場とたやすくみなさんおっしゃるものの、そもそも相場とはなんなのでしょうか。

金の相場は、世界中の政治、経済、社会情勢などの変動によって作り出されるものです。
更に、金を求めている人たちの需要、供給のバランスによっても変化します。

相場とは、金が取引される、その時その時の値段のことであり、時価のことです。市場で競争売買によって決定されていきます。

そもそも金と言う存在は世界中の人たちが注目しているから、世界中の市場で取引されています。

アメリカのニューヨーク、イギリスのロンドン、スイスのチューリッヒ、中国の香港の4つの都市は世界四大市場であり、金の相場と大きく関わっています。

その中でも金の相場に大きな影響が存在しているのは、ロンドンと言われています。

金という存在は、株とも違い、相場は実際に変化することはあっても、実物資産ゆえ、価値自体、ゼロになってしまうことがないから、多くの人たちが信用して金に群がっているのでしょう。

買取価格の計算式は以下のとおりです。【金の相場×売る金の質量×純度×買取業者の手数料=買取価格】

金の純度

金の買い価格を決める大事要素として、更に、金の純度があります。 24金、18金、14金と言った言葉をよく聞くことがあるでしょう。

24金、18金、14金というのは、金の純度を表すものです。金の純度は24分率であらわされて、24金、24カラット(Karat)は純金のことであり、何よりも純金に一番高い買取価格がつけられることでしょう。

いろいろアクセサリーとして金を持っている人たちもいるでしょうけど、純金は、崩れやすくアクセサリーとして不向きなので、そのようなものは、おそらく18金、14金でしょう。

ブランド価値

果たして、金買取には、ブランド価値はどの程度存在しているのでしょうか。

実際に、金買取に対しても、ブランド価値は存在していると言っていいでしょう。

高級ブランドや有名なアーチストの作品の場合、破損がなくキレイで状態のいいものに関しては金の質量以上のプラスαの付加価値がつく可能性があります。

いかがでしょうか。このような様々な要素が絡み、金買取価格が決定されていきます。

歴史に金買取の需要を見る

金の歴史についても正しい理解をしておきたいものです。あなたは、なぜ、金買取をしてもらい、そこに高い価値を期待しているのでしょうか。

中世ヨーロッパの歴史

金の歴史は、紀元前6000年頃に古代シュメール人からスタートしたといいます。

もう既にその頃、私達が金買取に対して持つ期待感のようなものを持っていたのかもしれません。

金は、なかなか手に入らないものだから高貴な人たちしか持つことが出来ないで、だからこそ、多くの人たちが金に魅了され、金を欲しいと思うのではないでしょうか。

そして、中世ヨーロッパにおいても、金の価値は重宝されて、王の権威である王冠や、側近など高位な者の装飾品と言ったものに有効的に活用されて来ました。

貨幣として金貨、銀貨なども登場して、実際に銀にも価値は存在していたものの、金は、銀の10倍以上とそれています。

やっぱり、この時代でも銀より金なのです。それは、なんら私達の現代社会と変わらないのではないでしょうか。

金がもしも、いくらでも採掘出来るものであれば、これ程まで価値は存在しないでしょう。

やはり金は、埋蔵量が少ないからこそ、価値を生み出し、錬金術のようなものが、より金の価値を高めたともいうことが出来ます。

錬金術は失敗し、夢は破れてしまうことになりますが、私達は、依然、金に対して、夢を見続けているとも言っていいかもしれません。まさに、現代社会の人たちにも、果てしない夢を見させてくれる存在こそが金であり、金をマジマジと見、酔いしれている人たちも少なくありません。

1900年代以降


1900年代以降、より金に対しての関心度は強まったとも言われています。1980年には史上最高額ともなる1グラムあたり6945円で取引されたと言われていますが、しかし、それ以降は、金の価値も下がりはじめたのです。

金は歴史的にみてずっと価値を持ち続けていたかといえば、部分的にかいつまめば、そのような現状も見てとることが出来ます。

なぜ、そのような事態になってしまうかといえば、金はなかなか手に入らないからあきらめてしまったのか、さもなくば、装飾品としての金はお腹を満たすものではないという認識からでしょうか……。

しかし、再び、金需要はヒートアップします。それは、金は、財産であり、投資の対象となりうるものであるという認識からでしょう。金買取によって、得をしたいという人たちが大勢いて、より注目が金に対して集まっていくことになります。